1. TOP
  2. 世界の料理
  3. アジア
  4. 本格的なシンガポールラクサ(ニョニャラクサ)の作り方
    

本格的なシンガポールラクサ(ニョニャラクサ)の作り方

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%b5

ラクサの本場シンガポールで学んだ本格的なシンガポールラクサ(ニョニャラクサ)のレシピをご紹介します。

シンガポールラクサの材料(4~6人前)

ラクサペースト

  • レモングラス  2本
  • ガランガ  約3cm角
  • ククイナッツ  4個
  • シャロット(紫色の小型の玉ねぎ) 6~8個
  • 乾燥トウガラシ  3本
  • 生の赤トウガラシ 3本
  • ウコン  1.5cm角
  • ラクサリーフ  2枚
  • エビペースト  小さじ1
  • コリアンダーパウダー  小さじ1
  • クミンパウダー  小さじ1
  • 塩  適量

ラクサスープ・麺

  • 油  大さじ4
  • 乾燥エビ  大さじ1(ぬるま湯に20分ひたしてもどす)
  • ココナッツミルク  1カップ
  • 砂糖  小さじ1
  • ラクサヌードル  500g
  • ラクサリーフ  茎1本分位 ★エビの頭と共に煮込みスープを作る
  • 水  750ml

 

トッピング

  • もやし  1カップ(さっと茹でる)
  • ゆで卵  2個(1/4にカットしておく)
  • かまぼこ トッピング用に適量
  • きゅうり トッピング用に適量
  • 頭付きのエビ  8匹

サンバルチリソース(トッピング)

  • 生の赤トウガラシ  5本
  • チリパウダー  大さじ1
  • エビペースト  小さじ1
  • 水  大さじ2
  • 油  大さじ2
  • 砂糖・塩  好みに合わせて適量

スポンサーリンク

作り方

サンバルチリソース

1.生の赤トウガラシ5本をできるだけ細かく切り刻みます。

2.刻んだ唐辛子・チリパウダー・エビペースト・水を石臼に入れ、ペースト状になるまですりつぶします。

3.中火で10分炒め、最後に砂糖と塩でお好みの味に調えます。

シンガポールラクサ

1.材料・トッピングの下準備

頭付きのエビは背ワタを取り、火が通るまで茹で、殻をむき、殻や頭でダシを取ります。750mlの水にラクサリーフとエビの頭と殻を入れて、30分程度煮込みます。このあいだにラクサペーストを作っておけば、ちょうど良い時間になります。

2.ラクサペーストを作ります

ラクサペーストの材料で、刻む事のできる材料はできるだけ細かく刻み、石臼に入れてペースト状になるまですりつぶします。

3.材料がペースト状になったらラクサペーストを炒めます

大さじ4の油を中火で加熱し1で作ったペーストを8分炒め、もどしておいたエビを石臼で潰したものを鍋に入れ、更に2分中火で炒めます。

4.ラクサスープを作る

3.で炒めたペーストに、1.で作ったエビスープを加えて10分弱火で煮込み、ココナッツミルクを加え、塩と砂糖でお好みの味に調えます。

1.殻やラクサリーフを取り除いてから混ぜて下さい。

2.沸騰させないように注意して下さい。

5.トッピングをして完成

ラクサヌードル(ライスヌードル)を袋に書かれた所定の時間茹で、器にスープと麺を入れて材料をトッピングすれば、シンガポールラクサ(ニョニャスタイル)の完成です!

スポンサーリンク