1. TOP
  2. 世界のスイーツ
  3. 姫スイーツ!カラフルなプラナカンのお菓子ニョニャ・クエの魅力

姫スイーツ!カラフルなプラナカンのお菓子ニョニャ・クエの魅力

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%af%e3%82%a8%e3%83%a9%e3%83%94%e3%82%b9

プラナカンスイーツの特徴はカラフル色使いで、シンガポールやマレーシアではお姫様が使うような可愛らしい食器に乗った、虹色のお菓子を頂く事ができます。

プラナカン菓子・ニョニャ・クエとは

マレー地方の伝統菓子の1種で、原料にはココナッツ・もち米・パームシュガー・パンダンリーフ等の南国の作物が使われています。

プラナカン菓子は鮮やかな色合いが特徴で、青や紫等の日本では考えられないような色が使われていますが、その色合いは南国の草花から取られた天然の色素を使っています。

マレーシアやシンガポールの伝統菓子で、一般的なマレーシアの伝統菓子と比較すると色が鮮やかであったり、造りが繊細です。

プラナカンとは、マレーシア人の女性と中国大陸から渡来した中国人男性の混血の事で、文化や料理が融合し、優雅に進化させました。

マレーシアやシンガポールには、豪華で優美なプラナカンの邸宅が沢山あり、豪華な邸宅では姫スイーツのプラナカン菓子が食べられていました。

プラナカン菓子の種類

代表的なプラナカン菓子は、クエラピス・クエラピスサグ・オンデオンデ・クエアンクー等で他にも様々な種類があります。

今回は、実際に食べたニョニャ・クエをご紹介します。

クエラピス

クエラピスとは、層の菓子という意味で、馴染みのある物ではバームクーヘンのようなお菓子ですが、ニョニャのバームクーヘン「クエラピス」は西洋のバームクーヘンと異なり、若干塩分を感じる味でしっとりとしています。

クエラピス・サグ

クエラピス・サグは、日本の和菓子のういろうのようなお菓子で、ココナッツミルクが使われているので、日本のういろうよりもコクのある味わいで、日本の和菓子に比べると甘さ控えめなので、個人的にお勧めです。

緑と花の色素で色付されたもち米

白と青のもち米はうす塩・上の緑は甘くてパンダンリーフ味。

程良い塩加減と甘さ加減がマッチして美味しい。

つぶつぶ

つぶつぶのブラウンシュガーのゼリーの下は素朴な味わいのカスタードクリーム。

パンダン・ココナッツ

白のココナッツミルクは塩辛く、下は硫黄の臭いのような味でまずかった・・・

白と紫

塩味の付いたタロイモ入りのクリーミなういろう。可も無く不可もなく味。

ローズココナッツ

バラの香りと味が口いっぱいに広がる姫なスイーツ。

3色

今回食べたニョニャクエの中で一番美味しかったのがコレ!!

焼き芋をモッチリとさせたような感じで、プラナカンのスイートポテト。

アンクー・クエ

赤ちゃんのお祝いに食べられるお菓子。

外は少し硬いういろうの中には裏ごしされた餡が入っている。定番のプラナカン菓子なので是非食べておきたい。

プラナカン流ちまき

青と白のとても柔らかいお餅の中にはココナッツフレークをブラウンシュガーで味付けたフィリングがたっぷりと詰まっている。

ユニークで凝ったお菓子なので、勇気のある人はチャレンジして下さい。

プラナカン菓子はどこで食べられるの?

マレーシアやシンガポールで売られている事が多いのですが、特に見つけやすい国はマレーシアです。

マレーシアのクアラルンプール国際空港やKLCCのショッピングモール内には、「ニョニャカラーズ」という名前のニョニャ・クエ専門店があり、ショーケースには数十種類のカラフルなプラナカン菓子が並んでいます。

名前を知らなくても、指さしで気軽に注文をする事ができ、値段も1個1.2RM(日本円で30円程度)とリーズナブルです。

まとめ

プラナカン菓子は見た目は派手でも優しい味わいで、ココナッツやパームシュガー等の体に優しい自然の材料が使われています。

マレーシアやシンガポールに行くなら是非、姫スイーツのプラナカン菓子にチャレンジしてみて下さいね♪